共創未来ファーマについて

沿革

1871年(明治 4年) 友田嘉兵衛、当社の母体である医薬品輸入販売、友田商店を横浜市で創業
1911年(明治44年) 横浜市平沼町に製薬工場を建設
日本薬局方医薬品・工業薬品等の製造を開始
1916年(大正 5年) 友田合資会社と改称、本社を東京・日本橋に移す
1930年(昭和 5年) ホルモン製剤(アンプル)の製造開始
1932年(昭和 7年) 設備を充実、友田製薬株式会社と改称
新胃腸薬トモサン等の製造を開始
1957年(昭和32年) 凍結乾燥注射剤の製造を開始
1963年(昭和38年) 三共(株)と提携、技術導入を進め、三共(株)販売の一部製品につき生産開始
1972年(昭和47年) 社名を「三共ゾーキ株式会社」と改称
医療用医薬品、動物用医薬品、診断用試薬等の生産を拡大
1979年(昭和54年) 新無菌製剤棟完成
1987年(昭和62年) 新研究棟完成
1992年(平成 4年) 三共(株)販売注射剤の製造を開始
1995年(平成 7年) 社名を「三共エール薬品株式会社」と改称
1997年(平成 9年) 注射剤検査室、包装作業室の増設
1998年(平成10年) アンプル製剤一貫生産ライン導入(独国・BOSCH社製)
1999年(平成11年) コルゲート・マシン導入
2003年(平成15年) アンプル/バイアル製剤兼用一貫生産ライン導入(独国・BOSCH社製)
2007年(平成19年) 三共(株)と資本関係を解消
大原薬品工業㈱グループの一員となる
社名を「エール薬品株式会社」と改称
2009年(平成21年) 新しいコーポレート・マーク制定
2010年(平成22年) 動物用医薬品製造販売を廃業
2012年(平成24年) 第三者割当増資により資本金1億9,923万円
2013年(平成25年) 新品質管理棟完成
東邦ホールディングス(株)と業務提携
2016年(平成28年) アンプル包装一貫ライン導入
東邦ホールディングス(株)の完全子会社となる
社名を「共創未来ファーマ株式会社」と改称
ページトップへ戻る